トータルリペア

先輩レポート

飛行機の設計から転身!
お客様から喜ばれる仕事はやりがいを感じます

Kさん/エリア:東海地方/2015年加盟/前職:飛行機の設計

独立のきっかけ

前職は飛行機の設計を行っておりました。全体的に考えたらインパクトのある仕事だと感じていましたが、一部の設計のみにフォーカスしてしまうとパソコンに向かっている時間が長くモノづくりをしているという感覚はありませんでした。
また若手を育成していくうちに、もっと自分でモノづくりをしたい、直接お客様とやりとりがしたいという想いが強くなっていきました。そんな時知ったトータルリペア。昔から車は好きで、このような直す仕事があることに驚きました。しかし、自分の趣味を仕事にするのはどうなんだろう?と考えた時、私は趣味と仕事は分けたかったので、あえてトータルリペアの数ある技術の中でも車関連ではなく、住宅&家具リペアを選択しました。

営業について

技術講習が終わり開業して2か月目で軌道に乗りました。正直なところ予想以上にニーズがあるなとこのとき実感しましたね。営業は得意ではなかったので工夫しました。それは名刺に自分の似顔絵を入れ、会話の話題作りをしたことです。
普通の名刺と比べたら覚えてもらいやすく、2度目、3度目と顔を出しに行くと徐々に声がかかるようになりました。 少しずつお仕事が増えていき、日々の記録とつけることをしました。作業について、今日の良かった点、改善点などを書き、技術の改善をしています。また常にお客様に喜んでもらうことを意識し、妥協せずに最後まで仕事をやり遂げるようにしています。

やりがい

独立して1年目で安定的な収入を得ることが出来るようになりました。この仕事のやりがいは毎日自分の技術の成果がわかること。
前職は日々の成果というのが見えない仕事だった分、毎日成果が見られるのは達成感がありモチベーションに繋がっています。そしてそれが直接収益にもつながります。しかしまだまだ満足はしていません!これからもどんどん技術を磨き向上していき、仮に似たような業者さんが現れたとしても私に頼みたい!と言って頂けるよう100%の技術を身に付けていきます。

技術に関して

開業したばかりの時は苦戦しましたね。初めてのお仕事はクローゼットについた傷を直すものだったのですが、半日作業をしても上手くいかず、本部に相談の連絡をしました。「傷の部分だけを見るのではなく、もっと広い範囲を見てリペアすること」とアドバイスを頂きました。
切羽詰まっていて傷に集中していましたが少し離れて広範囲を見ながらリペアを進めていった所、無事仕上げることが出来ました。本部のそういったサポートには本当に助かっています。